このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

vendredi, février 25, 2005

SEOは、文章対策

 先日、知人女性のホームページを書き換えて、逮捕された方がいましたが、ケイエックスがせっかく、単語などに気を使って、SEO対策をした、ホームページを勝手に、書き換えてしまうお客さまがいます。犯罪ではありませんが、とくにトップページを変更した場合、当然の結果として、アクセス数の減少があります。

 ケイエックスで作成した、ある議員の方のサイトなどは、丸ごと業者さんに書き換えてもらったらしいのですが、結果は最悪、ケイエックスで管理していたときは、ご自分の名前や政党の名前で、検索エンジンの1位で表示されていましたものが、業者による書換え後は、みごとに、ご自分のお名前ですら、検索エンジンで出なくなりました。

 悪質業者にかかると、ここまでなのか、というのが、実感です。業者は何をしたのかを分析すると、

 1、ページのデザインがすべてのページで同じ。

 テンプレートを使っているためと、ナビボタンを統一しているため。たしかに見てくれは良くなりますが、SEOとしては、最悪です。「似たページ」として、表示されません。

 2、文字までが絵。名前などまでがほとんど画像でした。

 すべてを絵にしてしまえば、どのようなパソコンで見ても、表が崩れたりしないわけですが、検索エンジンで検索されることは、絶対にありません。BBなら問題になりませんが、いまだにISDNや携帯電話などの遅い回線で見ている方もいらっしゃるので、画像だけで構成するというのは、問題です。

 3、メール送信フォームが、見ている人のメール送信ソフトを呼び出す形になっている。

 エラーメッセージのような警告が出るので、メールを送る人はいないでしょう。だいいち、文字化けもします。

 4、掲示板がない。

 掲示板は、とかく、いろいろ書き込まれるものですが、不正な書き込みを排除することによって、価値のある使い方ができるものです。他の人が来ているのかどうかと、訪問者を不安にさせます。

 たまに、作り直しを、打診してきますが、政治には係わり合いたくないのと、不正アクセス排除ロジック付の掲示板、飛びにくいカウンタ、リプライメール付で、文字化けしないメール送信プログラム、など、ケイエックスの技術を流出されかねないので、お断りしております。最近は、プログラムの流出を防ぐ契約に、してはいますが、契約条項を守るとは思えないですし。