このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

vendredi, février 04, 2005

SEOとホームページ作成業者

 ケイエックスへ持ち込まれる案件の多くは、「よその業者さんで作ってもらったサイトがまったく機能していないので、作り直してほしい」というものです。

 このようなサイトは、見た目は確かに良くできていることもありますし、まったく見た目もだめなこともあります。いずれにしても、集客能力がまったくないサイトがほとんどです。サイトの外、つまり、検索エンジン登録や出版物への露出という、このBlogでも書いてきたことをまったくしていませんし、見た目が良ければよいほど、集客能力は無いのが実状です。見た目を良くするということは、画像を多くすることにつながり、読み込み時間を増やし、検索エンジンに登録される単語を少なくするということになりますから、当然の結果として、集客ができないのです。

 なぜ、このような業者にひっかかって、ダメなサイトを作ってしまったのかと、聞くと、「営業がやって来たから」、「見本が良かったから」などということでした。
 ケイエックスは、実は飛び込み営業や電話営業はしていません。それには、莫大な交通費や人件費がかかり、お客様に転嫁しなければならなくなることもありますし、お金になるか、ならないか分からない、そんなことをしている暇もありません。ケイエックスは、見本として、このケイエックスのサイト自体しか見せていません。なぜなら、顧客情報の保護もありますし、見本をそのまま真似されてしまうことがありますから、とくに、ご契約前に、そのお客様のサイトのドラフトなどは作りません。ご契約後にそのお客様のサイトにふさわしいデザインをした見本サイトをいくつか提示する形をとっています。

 ケイエックスは、「東京のパソコン教室」、「東京のホームページ作成」、「東京の印刷」などで、主要な検索エンジンのWEBページ検索の上位(ほとんど1位)で表示され、アクセス数は1000ページ/日ほどの実績があるサイトです。もちろん、「東京 パソコン教室」、「東京 ホームページ作成」、「東京 印刷」など、「の」なしでも同じです。見本としてこれ以上のものはないでしょう。

 悪質な業者であればあるほど、営業に経費をかけ、「テンプレート」と呼ばれる出来合いの良いデザインを使い、作るサイトはみな同じデザインで、SEOをなにもせず、大量生産しているのが実態です。

 ケイエックスは設立以来、ずっと、このような業者さんと戦っています。(そして、勝っています。)