このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

samedi, mars 05, 2005

SEOとWindowsXPの不具合

 SEOを考えると、ドメインの利用は、最低限不可欠であることは、おわかりと思います。
 さらに、コストパフォーマンスを考えると、自社内サーバを使うことになるのですが、IPアドレスを固定とするか、DDNS(ダイナミックドメインネームシステム)を使って動的IPでもよいかを、考えなければなりません。
 数年前まで、安上がりなので、DDNSをお勧めしていましたし、ケイエックスでも使用していました。しかし、OSがWindowsXPになってから、固定IPでということをお勧めしています。XPには、DDNSに対応していないという不具合があるからです。XPは、一度見たページのIPアドレスを覚えるキャッシュという機能がありますが、これは、IPアドレスが動的に変更される可能性があることを知らないプログラマによって、作られたものだと思います。ブラウザが、WebサーバへDNSエラーで、接続できなかったときに、再度DNSを見に行く、という手順が抜けているのです。
 自社内のパソコンは、DNSサービスを止めてしまえば、キャッシュされることはありませんが、他のお客さんのパソコンをいじることはできません。

 ★キャッシュをクリアする方法は、パソコンを再起動するか、MS-DOS窓のコマンドで、ipconfig /flushdns と入れます。