このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

lundi, août 08, 2005

検索エンジンロジックと利用者の便利さのジレンマ

 検索エンジンのロボットロジックが読みやすいように作るのがSEO対策です。
 当然、ホームページの記述は階層構造で、たとえば、
 「ホーム(トップページ)」
   →「パソコン教室」→「エクセル講座」
              →「ワード講座」
              …
   →「デザイン部」 →「チラシ」
              →「ホームページデザイン」
              →「書籍広告」
              …
 といった具合にリンクが階層になっていた方が検索エンジンにはインデックス(キーワード)を作り易いのです。

 しかし、利用者は、トップページからいきなり「ホームページデザイン」のページや「ワード講座」のページへ飛びたいはずです。ここで、SEOにこだわりすぎると、実際には不人気サイトができてしまうのです。検索エンジンはそのサイトに現れる文字やリンクだけを見て評価しているのではなく、最も重要なのはそのサイトの内容であり、そのサイトの内容を評価しているのは人間であることを知っています。
結局、実際にアクセスが多いサイト、リピーターや紹介者が多いサイトが表示順位を上げるのです。よそのSEO対策ページで見かける小手先の構造がどうの文字がどうのといった、いわばスパムに走ってはいけません。

 解決方法は、ロボット用の文字リンクと、利用者用の画像リンクの併記でしょうか。