このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

lundi, novembre 30, 2009

タイトルの長さ

タイトルタグの中に入れる文字は、半角で60字ぐらい、全角で30字ぐらいと言われています。
しかし、根拠がありません。(笑)RFCにはブラウザは少なくともそのぐらいを表示できるようにと書いてあります。ですので、実際はそれ以上書かれると見ているのです。

W3Cでは、「できるだけ詳しく書くこと」がHTML仕様全体のポリシーです。
日本語訳に「簡潔に」との訳が見られますが誤訳です。
誤訳が一人歩きしているようです。
しかし、タイトルタグは絶対必要だと書いてあります。
ドキュメントの内容をよく表すタイトルを書かなければならないとも書かれています。
「should provide context-rich titles」と書かれているのです。
identifyには「簡潔」の意味はありません。
たとえば「入門」などではなく「中世のミツバチの飼い方入門」などとしなければなりません。

W3Cのタイトルタグについての記述
7.4.2 The TITLE element





Start tag: required, End tag: required

Attributes defined elsewhere

lang (language information), dir (text direction)
Every HTML document must have a TITLE element in the HEAD section.

Authors should use the TITLE element to identify the contents of a document. Since users often consult documents out of context, authors should provide context-rich titles. Thus, instead of a title such as "Introduction", which doesn't provide much contextual background, authors should supply a title such as "Introduction to Medieval Bee-Keeping" instead.

For reasons of accessibility, user agents must always make the content of the TITLE element available to users (including TITLE elements that occur in frames). The mechanism for doing so depends on the user agent (e.g., as a caption, spoken).

Titles may contain character entities (for accented characters, special characters, etc.), but may not contain other markup (including comments).