このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

mercredi, septembre 28, 2005

見出しタグ

 SEOでよく言われるのは、タイトルタグと見出しタグの内容を検索エンジンは検索キーワードとしてインデックスする場合にポイントを高くしているということ。当たり前といえば当たり前。検索した人が目的のページを見つけ易くするのが検索エンジンだからです。目的のページとは、そのキーワードに関する記述が充実しているページであるということ。
 検索されたキーワードがタイトルや見出しになっていること、内容にもあることが順位を高くするのです。しかし、検索エンジン側からすれば、不当に無意味な<h?>タグを並べるスパム行為もあることは承知していますから、同じ見出しが出現することはおかしいということや、<h1>の下に<h1>タグがさらに出現するのはおかしいなどの常識的なスパム対策はされていると考えてよいでしょう。
 いつも書いていますが、内容もないのに、文字の大小などで、不当な手段を用いて順位を上げようとしても意味はありません。内容をよくすれば、Flashだけのページでも、画像もない文字ばっかりのページでもリンクしている(紹介している)ページがあって、アクセスがあれば、順位も上がってきます。